当サイトはプロモーションを含みますが、得た収益はよりよい情報をお届けするため活用させていただきます。

韓国語を学ぶ

韓流ファンが韓国語を勉強するメリット10選|あなたも推しと話せる!

韓流ファンが韓国語を勉強するメリット
あい
韓流ファンが韓国語を勉強するとどんなメリットがあるの?
はな
勉強してみたいけど、むずかしそう。わたしにはムリむりよね……
こんなお悩みをお持ちの方に向けて、韓流ファンが韓国語を勉強するメリットを解説しますね。
いずみ

「推しと直接話したい!」「通訳なしでコメントをわかるようになりたい!」でも、そんなこと自分にはムリだと思っていませんか?

4,50代から勉強を始めて、推しと韓国語で話せたファンは何人もいるんですよ。わたしもそのうちの1人です。

はっきりとした目標がある韓流ファンは、何となく韓国語を勉強している学習者さんとは熱量が違うので上達しやすいんですね。

この記事では韓流ファンが韓国語を学んでどんなメリットがあったのか、わたしの体験したことを詳しくお伝えします

最後までお読みいただくと、あなたも韓国語を学びたくなるはずです。

\ Instagram始めました /

Instagram

こちらもおすすめ
スマホで韓国語を入力する方法
【スマホで韓国語を入力】ハングルキーボードを設定してメッセージを打ってみよう!

スマホで韓国語を入力するための設定と、メッセージの入力方法を10個のフレーズを使ってくわしく解説します。
お読みいただくと、あなたも韓国語でコメントやメッセージが送れるようになりますよ!

続きを見る

韓流ファンが韓国語を学ぶメリット10選

韓流ファンが韓国語を学ぶメリット10選

韓流ファンが推し活を楽しむために韓国語を勉強するメリットは数え切れないほどありますが、わたしの経験を振り返って10個ピックアップしました。

順番にご紹介しますね!

1.推しが話すことを理解できるようになる

ファンミーティングなどで通訳の方は、推しの話したことを要約して日本語に訳します。

時間が限られているので仕方ありませんが、推しがたくさん話しているのに短くまとめられると訳されなかったところが気になってモヤモヤしませんか?

そんな時も韓国語を勉強すれば、推しの話をひと言も漏らさずにわかるようになりますよ。

通訳の方が話す前にコメントの内容がわかったときは、勉強してよかった~!と思いました。

2.生配信にコメントできる

韓国の先着順イベントに応募して手に入れた非売品のCD

ハングルを覚えてスマホで文字の入力ができるようになれば生配信にコメントをつけられます。

推しが日本語を話せても、漢字や仮名の混ざった日本語の文章を読むのはむずかしいのでコメントは韓国語のほうが読んでもらいやすいです。

生配信はすごいスピードでコメントが流れてしまうので、最初は事前に質問が募集される映画のプロモーションイベントなどに送るといいですね。

質問は「わたしが送ったプレゼントを気に入ってくれましたか?」というような個人的なことよりも、作品についてみんなが知りたいと思う内容のほうが採用してもらいやすくなりますよ。

たとえば、

・印象に残っている撮影中のエピソードを教えてください!

기억에 남은 촬영 에피소드를 알려주세요!

・共演者の中で一番仲のいい人は誰ですか?

같이 촬영한 배우들 중 가장 친한 사람은 어느 분이신가요?

こんな質問なら聞かれる側も答えやすくて思わぬエピソードを披露してくれるかもしれません。

わたしは所属事務所の先着順イベントに応募して非売品のCDをゲットしたことがあります。

案内はすべて韓国語でしたが、気づいてすぐに申し込んだので受け取ることができました。

あなたも韓国語を覚えたらぜひトライしてみてくださいね。

3.日韓両方の推し活を楽しめる

韓国語を学んで実現できたこと

韓国にはファンダム文化があって、ファンが運営するファンクラブが事務所の公認を受けて推しの活動をサポートしています。

一線で活躍する芸能人の私設ファンクラブが事務所に公認されるなんて日本では考えられないことですね。

韓国のファンクラブは素人が企画しているとは思えないレベルのことをやってのけるんですよ。

たとえば、撮影期間には現場にキッチンカーやコーヒーカーを手配して推しと一緒に作業しているスタッフたちをねぎらいます。

Instagramなどで芸能人がファンに差し入れのお礼を伝えているのを見たことありませんか?

制作発表会には会場に米花輪を送ったり、イベントに合わせてオリジナルグッズを作成したり、ファンクラブの名前で広告を出すこともあります。

芸能人はブレイクする前から応援してくれたファンへの感謝を忘れず、スターになってもファンをすごく大切にしているんですよ。

ファンクラブ主催のイベントに出席することもあり、韓国の芸能人とファンの距離感は日本とぜんぜん違います。

日本のファンミで2階席からスクリーンで眺めていた芸能人が、韓国ではすぐそこに居ました。

韓国のイベントを経験すると日本のファンミでは満足できなくなります。

わたしが韓国語を勉強して一番良かったと思うのは韓国のファンクラブで活動できたことです。

あなたも勉強すれば入会できるかもしれませんよ!

韓国のファンクラブに入る方法や日本人ファンを受け入れてくれるファンクラブについては別の記事で詳しくご紹介する予定です。

4.選択肢が広がる

韓国のサイン会に参加する

こちらは韓国の出版記念イベントでもらったソ・ジソブさんのサインです。

どしゃ降りの雨の中、韓国のファンと朝早くから書店の前に並んでサイン会に参加することができました。

当日購入した本にサインをもらうのですが、どこでも自分の好きなページを選べてペンの持ち込みもOKです。日本ならこんな融通はききませんよね。

サインをしてもらう間、足元にカバンを置いていたわたしは、自分の番が終って早く出なければと焦っていました。

さっさと次の人に交代しなければ警備の人に引きずり出されるのは日本と同じです。そんな恥ずかしいことはできません。

本をテーブルに置いたままカバンを持とうとしていたら、ジソブさんが「책(本)!」と小さな声で教えてくれました。

わたしが慌てていたので本を忘れて出て行くと思われたのでしょうね。

声に驚いて顔を上げると笑顔のジソブさんと目が合って、心臓が飛び出しそうになりました。

これは一生忘れられない思い出です。

ごくふつうのファンでも韓国語がわかれば、こんな体験ができるんですよ。

この本は翻訳されて日本でも発売されましたが、日本版には特典映像DVDと非公開写真のポストカードがついて韓国版の2~3倍くらいのお値段でした。

日本の特典も魅力ですが、わたしはサイン会に参加できた韓国版のほうが価値を感じます。

5.日本のイベントとは違う推しを見られる

韓国へ行かなくても日本のファンミーティングで推しに会えますが、ソ・ジソブさんは慣れない日本のイベントに緊張して滝のような汗を流していました。

そんな方が母国のイベントでは他のキャストに迷惑をかけないよう自らファンを統率したり、学校をサボって来た子に注意したり、リラックスした様子でいろんな姿を見せてくれるんですよ。

日本のファンには礼儀正しく接してくれますが、韓国のファンとはもっと近い感じで、見ていて羨ましくなりました。

なのでわたしは韓国のファンに混ざって応援したい!と思うようになったんです。

6.韓国ドラマを字幕なしで見られる

好きなドラマについて書く

専門用語の多い法廷モノや医療ドラマはむずかしくて全部は聞き取れませんが、韓国語をある程度勉強すれば字幕なしでドラマを見られるようになります。

字幕を見ていて「絶対にこんなこと言ってないよね?」と思う時がありませんか?

文字数に制限があるので台詞をそのまま訳すと長すぎるんですね。

なのでぜんぜん違う表現に置き換えられることがあります。

台詞よりも場面にピッタリな字幕はよいのですが、合ってないときはモヤモヤ。

韓国語がわかれば台詞をそのまま理解できるので作品の世界に深く入り込めます。

7.韓国のエンタメ情報をダイレクトに知れる

韓国語がわかると韓国のサイトでリアルタイムの情報を見られます。

日本のニュースサイトには取り上げられないような記事や画像もチェックできて韓国の推し活も楽しめるようになりますよ。

韓国の雑誌はバックナンバーや撮影のビハインド映像をネットで公開していて日本からも無料で見られます。

グラビア雑誌はSNSでも活発に発信しているのでチェックしてみてくださいね。

8.韓国のファンと友達になれる

韓国の推し活を経験させてくれた友達

韓国語の読み書きができるとInstagramなどで韓国のファンと交流できます。

ファンクラブに入るよりもかんたんに韓国のファンと繋がれるのでおすすめです。

ただし、SNSにはサセンペンと呼ばれる、芸能人を追いかけまわす過激なタイプのファンもいるので、投稿の内容を見て応援スタイルに共感できそうな人をフォローしましょうね。

わたしはファンクラブの掲示板に下手な韓国語でコメントをしたのがきっかけで文章を添削してくれる韓国人の友達ができました。

「好きな人のために韓国語の勉強までして偉い!」とほめてくれるので続けられたと思います。

自宅に泊まらせてもらったり、チムチルバンで雑魚寝をしたり、彼女たちと知り合えたおかげでふつうの旅行ではできない経験をたくさんさせてもらいました。

そのお話はまた別の記事でお話ししますね。

9.韓国へ行っても不安なく自由に行動できる

韓国語には漢字由来の言葉があり、日本人には覚えやすいので初級レベルまで勉強するだけでも旅行に役立ちます。

少しでも話せると対応が変わるので韓国へ行ったら積極的に韓国語を使いましょう。

お店の人と仲良くなってヤクルトをもらったり、食後のコーヒーをサービスされたことがありますよ。

ハングルが読めるとわからないことも調べられて便利です。

現地の人が利用するお店やホテルを選べるので選択肢が増えてリーズナブルに旅行を楽しめます。

ソウルの街の様子

10.護身になる

韓国では就職に有利なスキルとして仕事のために日本語を勉強する人がいます。

残念ながら日本語が話せても好きなのは日本人のお金だけということもあります。

明洞は日本語が通じるから安心と言われますが、だからこそ注意が必要です。

LINE翻訳を使えば相手の言葉がわからなくてもかんたんなコミュニケーションは可能ですが、込み入った話はできません。

韓国のファンとチケット代を巡ってトラブルになった人に相談を受けたことがありました。

自分を守るためにも、韓国の方と交流したいのなら韓国語を勉強することをおすすめします。

韓国語を学ぶデメリット

K-POPの人気とともに韓国語を勉強する人は世界中で増えています。

わたしも韓国語が大好きで一生懸命に勉強しましたがデメリットもあると気づきました。

では順番に見て行きましょう。


韓国語はマイナーな言語

K-POPの人気とともに世界中で韓国語の勉強をする人が増えていますが、韓国の人口は日本の半分ほど、面積は日本の4分の1しかありません。

世界の英語話者数は約15億人、北京語は11億人に対し、韓国語はわずか7,720万人です。

なのでアイドルたちは世界市場をめざしてデビュー前から外国語を勉強するんですね。

韓流ファンにはとても魅力的な言語ですが、語学スキルとしての価値が高いとは言えません。

韓国語を仕事に結びつけるのはカンタンではない

韓国語のスキルを活かせる講師の求人は、ほとんどが時給制の非正規雇用です。

ECCの場合はネイティブのみの募集で教授経験も問われます。

韓国語は発音がむずかしいため日本人よりネイティブの講師から学びたいと考える生徒が多いんですね。

つまり、日本人が人に教えられるレベルまで勉強しても韓国語のスキルだけで生活するのは大変ということが求人情報サイトからわかります。

あなたが2,30代なら韓国語を本格的に学んでプロの道をめざすのも不可能ではありません。頑張れば韓国で就職することもできるでしょう。

ところが年齢があがるとそうは行かないんですね。

日常的な会話ができるレベルなら免税店の採用基準を満たしてますが、年齢制限に引っかかります。

多様な支払い方法に対応しなければならないレジ業務、接客を考えると韓国語のレベルは同じでも若い人が選ばれるのは仕方ありません。

お客様は韓国の方ばかりではないので英語のスキルもある程度は必要です。

韓国語は、推し活を楽しむためのツールとして学ぶことをおすすめします。

韓流ファンにおすすめの勉強方法

わたしは検定試験を受けましたが、最初から一生懸命に勉強していたわけではありません。

三日坊主の自分が韓国語を何年も続けるとは思っていませんでした。でもわかると楽しくなって、だんだん欲が出て来たのです。

推し活を続けるなかで韓国語ができると有利になることも大きかったと思います。

はじめはハングルが読めてかんたんな会話ができるようになるのを目標に気楽に始めればOKです。

まず自分で勉強してみて続けられそうなら次のステップへ進みましょう。

今回は自分でできる勉強方法を2つご紹介しますね。

1.市販のテキストで韓国語を学ぶ

わたしも一番最初は市販のテキストでハングルを覚えるところからスタートしました。

初心者向けのテキストは表現が違うだけで内容に大きな違いはありません。

活字やイラストの分量など、自分が見やすいと感じたテキストを選ぶと続けやすくなります。

また、文字と一緒に発音も覚えるために音声付きのテキストを選ぶのがポイントです。

あれこれ手を出さずに選んだ1冊を最後までやり遂げましょう。

わたしが一番初めに使った「日本語から始める 書き込み式韓国語BOOK」は日本語をベースに学習するのでわかりやすかったです。

2.NHKの韓国語講座を見る

NHKテレビでは初級の韓国語講座「ハングルッ!ナビ」を放送しています。

韓流やK-POPに関することも登場するので放送を見るだけでも楽しめる番組ですが、テキストを用意して勉強するのがベストです。

初心者におすすめの勉強方法は別の記事でくわしくご紹介しますね。

まず1日に1回、少しでも韓国語に触れる時間を作ることを目標に始めましょう。

まとめ

この記事では、韓流ファンが韓国語を勉強するメリットについてお伝えしました。

韓国語がわかると握手会などの推しに会えるイベントで自分の名前やメッセージを伝えられるようになりますよ

最初は独学でも大丈夫なので、気楽に始めてみませんか?

少しやってみて続けられそうなら次のステップへ進みましょう。

この記事が一歩踏み出すきっかけになれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
いずみ

こちらもCHECK

韓国語初心者向き「4つのステップ」で読み書きと会話を勉強する方法

推しに自分の名前やメッセージを伝えたい人、必見!【韓国語初心者むけ】4つのステップで韓国語の読み書きと会話を学ぶ方法をご紹介。

続きを見る

推し活に役立つ韓国語を独学する方法
【推し活に使える】韓国語を独学で身につける方法&使ったテキスト

【推し活ファーストで勉強したい方におすすめ】独学で推しと話せる韓国語を身につける方法と、使ったテキストをご紹介します。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いずみ

韓国語を学び、自分のペースで韓国と日本の推し活を楽しむ50代。

グループに入るのが苦手な、ぼっちファンが韓国語とオンラインでできる韓流の楽しみ方を発信します。

中級まで独学→TOPIK6級合格
(韓国語能力試験最上級)

韓国語を勉強して叶ったこと
▶推しと話す▶通訳なしで聞き取り▶ひとりで渡韓▶韓国のファンクラブ加入▶現地のイベント、サイン会、舞台挨拶に参加▶地下鉄とバスでロケ地巡り▶韓国で映画を見る▶字幕なしでドラマを見る

記事についての質問はInstagramのDMでお答えします

-韓国語を学ぶ